投稿者のアーカイブ

第21回全国高等学校版画選手権大会

閉会式 2021 年3月30日 14:00~15:00

個人賞・団体賞の表彰が行なわれました。

今年は相川観光交流センターからリモートで閉会式を行ないました。

 

閉会式次第
閉会式次第
リモート参加者
リモート参加者
開式の挨拶 (渡邉尚人 大会実行委員長)
開式の挨拶 (渡邉尚人 大会実行委員長)
個人部門 各賞のご紹介と表彰
個人部門 各賞のご紹介と表彰

受賞作品はこちら

団体部門 各賞受賞校の発表
団体部門 各賞受賞校の発表

受賞作品はこちら

文部科学大臣賞の授与
文部科学大臣賞の授与 (渡辺竜五 大会長 佐渡市長)
講評(小林敬生 審査員長)
講評(小林敬生 審査員長)
文部科学大臣賞受賞者の挨拶
大阪府立港南造形高等学校
文部科学大臣賞受賞者の挨拶
大阪府立港南造形高等学校

「今回の作品は江戸時代の彫り師に着眼して自分たちが制作に本気で向き合っている姿を画にした。」
「佐渡島に行くことを楽しみにしていたのでそれも画にしたかった。」

特別協賛

後援

テーマ

佐渡遠望

文部科学大臣賞

トキ渡り
大阪府立港南造形高等学校
01_文部科学大臣賞_大阪府立港南造形高等学校_トキ渡り

中小企業庁長官賞

春の訪れ
広島市立沼田高等学校
02_中小企業庁長官賞_広島市立沼田高等学校_春の訪れ

新潟県知事賞

幻影
静岡県立伊東高等学校城ケ崎分校
03_新潟県知事賞_静岡県立伊東高等学校城ケ崎分校_幻影

佐渡市長賞

トキマワリ
埼玉県立熊谷西高等学校
04_佐渡市長賞_埼玉県立熊谷西高等学校_トキマワリ

佐渡版画村賞

佐渡からの贈りもの
新潟県立佐渡高等学校
05_佐渡版画村賞_新潟県立佐渡高等学校_佐渡からの贈りもの

審査員奨励賞

忠子姫の春
岩手県立杜陵高等学校
06_審査員奨励賞_岩手県立杜陵高等学校_忠子姫の春
竜王の島 佐渡の陰影
千葉黎明高等学校
07_審査員奨励賞_千葉黎明高等学校_竜王の島 佐渡の陰影
望み見る佐渡
埼玉県立熊谷女子高等学校
08_審査員奨励賞_埼玉県立熊谷女子高等学校_望み見る佐渡
阿吽
神奈川県立相模原弥栄高等学校
09_審査員奨励賞_神奈川県立相模原弥栄高等学校_阿吽
佐渡を想う
新潟県立佐渡中等教育学校
10_審査員奨励賞_新潟県立佐渡中等教育学校_佐渡を想う
福井から望む佐渡
福井県立高志高等学校
11_審査員奨励賞_福井県立高志高等学校_福井から望む佐渡
おいでよ明るい未来の佐渡へ!
福井県立武生高等学校
12_審査員奨励賞_福井県立武生高等学校_おいでよ明るい未来の佐渡へ!
帰ってきた鬼
岐阜県立郡上高等学校
13_審査員奨励賞_岐阜県立郡上高等学校_帰ってきた鬼
宿根木に想いを寄せて
大阪信愛学院高等学校
14_審査員奨励賞_大阪信愛学院高等学校_宿根木に想いを寄せて

ライブ配信日時:2021年3月30日 14時00分~15時00分

ライブ配信は終了しました。

第21回全国高等学校版画選手権大会

作品制作経過報告会 2021年3月15日 14時00分~15時00分

相川観光交流センターからリモートで行いました。

本戦出場14校のうち12校が参加して作品の制作状況を報告した
相川観光交流センター
佐渡産米おにぎり食べながら交流

ライブ配信日時:2021年3月15日 14時00分~15時00分

ライブ配信は終了しました。

第21回全国高等学校版画選手権大会

開会式 2021 年2月22日 10:30~

今年は相川観光交流センターからリモートで開会式を行ないました。

司会の高野さん
11校が参加
市長と教育長から
コメントをいただきました。
広島市立沼田高等学校のメンバー
審査員長からテーマの発表
特別協賛

第21回全国高等学校版画選手権大会

第21回全国高等学校版画選手権大会

本戦大会の日程 2021年

第21回全国高等学校版画選手権大会(はんが甲子園)の本戦が、2月22日(月)から始まります。

今大会は、新型コロナウイルス感染症の収束が見通せないことから、選手・監督・大会役員等の安全確保のため、本戦大会をリモート大会で開催します。

なお、開会式、作品制作経過報告会および閉会式の模様は、大会ホームページ(“はんが甲子園”で検索)でご覧いただけます。

本戦大会の主な日程は、次の通りです。

(はライブ配信予定のプログラムです。)

2月22日(月) 10:30~11:10
※開会式/相川観光交流センター(佐州おーやり館)相川羽田町 15
<内容>開会宣言、大会長挨拶、出場チーム紹介、課題発表
2月22日(月) 11:20~12:00
オリエンテーション
2月23日(火)~26日(金)
リモート取材/佐渡市内
<内容>各チームが希望する市内各所を大会スタッフがリモート取材
2月26日(金) 13:00
各チーム版画制作開始
3月15日(月) 14:00~15:00
※作品制作経過報告会/相川観光交流センター(佐州おーやり館)相川羽田町 15
<内容>各チームの版画制作途中経過報告、各チーム間のリモート交流会(佐渡朱鷺認証米おにぎりパクパクタイム)
3月22日(月)
本戦作品提出期限(当日発送分有効)
3月30日(火) 14:00~15:00
※閉会式/相川観光交流センター(佐州おーやり館)相川羽田町 15
<内容>審査発表・審査員講評、表彰式、大会長挨拶、閉会宣言


審査員長 小林 敬生
(一社)日本版画協会理事・多摩美術大学名誉教授

 何よりも、第21回はんが甲子園が開催される運びになりました事をお喜び申し上げます。
 新型コロナが未だ終息せず、様々な分野で中止や延期が相次ぐ昨今です。この大会も、第20回展は予選審査を終えながら、本戦は急遽中止のやむなきに至りました。本戦出場を果たし心躍らせて準備していたであろう14チーム、42名の選手たちの無念の思い、心情は察するに余りあるものです。
 本年も開催が危ぶまれる中、早くから検討に入りリモート開催を選択されたことはまさに先見の明といえましょう。いかなる方式であれ20年間にわたり積み重ねてきた歴史のページを、更に積み重ねたいと願う実行委員会の方々の熱情と英断に心からなる感謝を申し上げる次第です。
 とはいえ、状況が状況です。応募してくれる高校が果たしてあるのか?締め切りまで只々不安の日々でした。
 応募高校、全27校(14府県)応募総数166点。団体戦16校28チーム、初応募高校2校。個人戦82点、初応募高校6校、という報告を受け正直、安堵!!安堵の思いでした。
 団体戦参加校が減少したのはコロナ禍の中、様々な事情を抱えて授業や部活動もままならない高校も多々あり、当然とも言えましょう。その中で初参加校が8校を数えたと言う事は、むしろ望外と喜ぶべきと考えて居ります。

 さて、審査です。

 今回は緊急事態宣言下という事で実行委員会の判断により、第1次審査を佐渡市で、中川佐渡版画村美術館理事長を中心にお願いし、団体戦、個人戦共に候補作品を絞り込み、東京に送って戴いて最終判断は審査員長として私が・・・
という手順で本戦出場校、個人受賞者を決める事になりました。
 本大会は発足以来、ブロック別代表校、一校一チーム、という原則を守って来ました。今回の応募状況ではブロック別という枠は外さざるを得ませんが、しかし一校一チームが問題でした。団体戦応募16校のうち、複数チームが応募している中の二校のレベルが突出して高く、作品のみで比較した時、一校から二チームの本戦出場を認めても良いのではないかと言う意見もあったからです。
 こうした報告を受け私の手元に届いた作品を前に呻吟、です。
 本戦候補の大半が一校1チームの中一校が2チーム、もう一校は3チームが残っていました。
 確かにそのレベルは高く、チーム間の優劣はつけ難い程に拮抗していました。
 それでも私は心を鬼にして“一校一チームの原則”を守る事にしました。
 この大会は、単に優劣を決めれば良いというものではありません。これからの日本を支えていくであろう世代に対する教育的という使命も担っているのです。
 私たちは、本戦出場によって過酷なスケジュールの中で作品を完成させた選手たちの達成感にみち、晴れ晴れとした表情を目の当たりにして来ました。試練を乗り越えた時に身につける自信こそが、これからの人生を歩む上での糧となるのです。今回も、一校でも多くの高校生に“自分の力に自信を持つ”という経験をして欲しいとの願いからの決断でした。
 個人戦は、個人戦参加82点と団体戦で本戦出場を逃した42点、計124点の中から10点を選出します。今回印象的だったのは、小野忠重が創案した陰刻法と、それに類した一版多色摺りの作品の数多さです。黒地に色版を摺り重ねるという方法で、基底素材である紙の質を問わない、色相の重なりによる重量感とマチエールが生かしやすい、などの利点があります。1次審査で選ばれた30点余り、その半数近くがこの技法に近い作品でした。色面の強さが他の技法を圧倒したということでしょう。
 私は出来るだけ幅広い表現に光りを与える様、配慮すべきと考えています。ひとくちに“版画”と言っても様々な技法、表現があり一括りにして比較すべきでも、又出来るものでもありません。特に水性木版画の多版多色摺りの作品は高い技術力を必要とします。その他の技法も含め技術的な完成度に関しては高校生レベルを、制作にはひたむきさを、そして何よりも今後の“可能性に期待”して選考する事にしました。その結果が今回の受賞作品です。
 やはり悩ましい時間の末選んだのが個人戦の受賞作品ですが、勝るとも劣らない作品が数多くあったことはいうまでもありません。