投稿者のアーカイブ

第22回大会の作品を募集しています。

第21回全国高等学校版画選手権大会

2021年

 審査員長(一社)日本版画協会理事・多摩美術大学名誉教授 小林敬生


今大会の課題は「佐渡遠望」としました。コロナ禍で直接佐渡に集い取材する事は叶わず、リモート取材方式を採用する事になったために、文字通り“遠望”しかないと考えたからでした。

従来は全チームが佐渡に会し、取材の上3人一組で作品を完成させる。制作期間は僅か3日、という過酷な試練とも言えるスケジュールが課せられることを最大の特徴とする大会ですが、今回は取材はリモートで制作はホームグランドで、期間は2月末から提出期限は3月22日、実に余裕のある大会となりました。

審査は、一度佐渡に提出された作品を東京に送って頂き佐渡の版画村理事長の中川氏とリモートでやり取りしながらのものとなりました。
提出された各チームの作品は日常制作している環境下での制作という事もあってでしょう、技法もイメージも多岐に渡っており密度、完成度共に充実したものでした。リモートゆえの不便さは多少ありましたが、中川理事長と2人、実に悩ましくも楽しい審査であったことを報告します。


―  短 評  ―


文部科学大臣賞  大阪府立港南造形高等学校  「トキ渡り」
佐渡への思いと手技(・・)に拘る自分達の版画に対する想いを「江戸時代の彫り師の姿に自分達の姿を重ね合わせて表現した」作品です。
オーソドックスな主版法による多色摺り作品、主版のトキの扱いをはじめとする構成、色版のボカシを始めとする摺り、隅々まで神経の行き届いた全てに於いて完成度の高い作品と思います。
審査後に知ったのですが3年間同じメンバーで挑戦し続けたとのこと、流石(さすが)のチームワーク!と感じ入りました。


中小企業庁長官賞  広島市立沼田高等学校  「春の訪れ」
主版に頼らず版分けした色版を摺り重ねての文字通り多色摺り作品です。「コロナウイルスの恐怖から佐渡の町、そして日本を守ってくれるように」との願いを込めたという(佐渡の有形文化財)木造仁王像を中心に据えた画面構成が力強く、作品に魅力と力を与えています。
通常は失敗することが多い、絵の具を厚めに載(の)せた“摺り”がこの作品の場合は成功しているといえましょう。


新潟県知事賞  静岡県立伊東高等学校城ケ崎分校  「幻 影」
「佐渡の金山を中心に実際の形状や色に拘わらず私達の(イメージ上の)佐渡を描いた」という意図通り高度なイメージ世界を描出しえているように思います。陰刻によるノミの彫線を生かした表現は主版法では得る事のできない世界です。多色作品ですが一版多色に近い技法でしょう。


佐渡市長賞  埼玉県立熊谷西高等学校  「トキマワリ」
佐渡の歴史、風景、伝統文化、様々を画面上に取り入れながら何の違和感もなくごく普通の風景画の如くさりげなく表現しているところに感嘆します。特に棚田から海へとつながる描写が見事でオーソドックスな主版法による多色摺りと相まってレベルの高い作品になっています。
文部科学大臣賞の「トキ渡り」に匹敵する作品だと思います。


佐渡版画村賞  新潟県立佐渡高等学校  「佐渡からの贈り物」
「私たちの“遠望”とは、日常では身近な風景や物事を少し離れた視点からもう一度見直す事であった」、地元のチームならではの言葉です。
コブダイを中心にした画面構成もさる事ながら色面の鮮やかさに目を奪われます。木版画ならではのフラットな色面の美しさが描かれた様々なフォルムの未熟さを問題にさせないほど力強く支えています。


以上が上位の受賞作品の短評ですが、今回は同じ木版画でありながら表現方法は多岐にわたっており見応えのある作品が揃っていました。奇しくも上位三賞の技法は、主版法による多色摺り、分解法による多版多色、そして陰刻法が主体の多色摺り、とそれぞれ異なる技法によるものでしたがこの事が今大会の大きな特徴であると言えましょう。
さらに言えばこれらの作品以外にも取り上げたい作品が数多く揃っていた事も又、特徴です。

以上

第21回全国高等学校版画選手権大会

閉会式 2021 年3月30日 14:00~15:00

個人賞・団体賞の表彰が行なわれました。

今年は相川観光交流センターからリモートで閉会式を行ないました。

 

閉会式次第
閉会式次第
リモート参加者
リモート参加者
開式の挨拶 (渡邉尚人 大会実行委員長)
開式の挨拶 (渡邉尚人 大会実行委員長)
個人部門 各賞のご紹介と表彰
個人部門 各賞のご紹介と表彰

受賞作品はこちら

団体部門 各賞受賞校の発表
団体部門 各賞受賞校の発表

受賞作品はこちら

文部科学大臣賞の授与
文部科学大臣賞の授与 (渡辺竜五 大会長 佐渡市長)
講評(小林敬生 審査員長)
講評(小林敬生 審査員長)
文部科学大臣賞受賞者の挨拶
大阪府立港南造形高等学校
文部科学大臣賞受賞者の挨拶
大阪府立港南造形高等学校

「今回の作品は江戸時代の彫り師に着眼して自分たちが制作に本気で向き合っている姿を画にした。」
「佐渡島に行くことを楽しみにしていたのでそれも画にしたかった。」

特別協賛

後援

テーマ

佐渡遠望

文部科学大臣賞

トキ渡り
大阪府立港南造形高等学校
01_文部科学大臣賞_大阪府立港南造形高等学校_トキ渡り

中小企業庁長官賞

春の訪れ
広島市立沼田高等学校
02_中小企業庁長官賞_広島市立沼田高等学校_春の訪れ

新潟県知事賞

幻影
静岡県立伊東高等学校城ケ崎分校
03_新潟県知事賞_静岡県立伊東高等学校城ケ崎分校_幻影

佐渡市長賞

トキマワリ
埼玉県立熊谷西高等学校
04_佐渡市長賞_埼玉県立熊谷西高等学校_トキマワリ

佐渡版画村賞

佐渡からの贈りもの
新潟県立佐渡高等学校
05_佐渡版画村賞_新潟県立佐渡高等学校_佐渡からの贈りもの

審査員奨励賞

忠子姫の春
岩手県立杜陵高等学校
06_審査員奨励賞_岩手県立杜陵高等学校_忠子姫の春
竜王の島 佐渡の陰陽
千葉黎明高等学校
07_審査員奨励賞_千葉黎明高等学校_竜王の島 佐渡の陰影
望み見る佐渡
埼玉県立熊谷女子高等学校
08_審査員奨励賞_埼玉県立熊谷女子高等学校_望み見る佐渡
阿吽
神奈川県立相模原弥栄高等学校
09_審査員奨励賞_神奈川県立相模原弥栄高等学校_阿吽
佐渡を想う
新潟県立佐渡中等教育学校
10_審査員奨励賞_新潟県立佐渡中等教育学校_佐渡を想う
福井から望む佐渡
福井県立高志高等学校
11_審査員奨励賞_福井県立高志高等学校_福井から望む佐渡
おいでよ明るい未来の佐渡へ!
福井県立武生高等学校
12_審査員奨励賞_福井県立武生高等学校_おいでよ明るい未来の佐渡へ!
帰ってきた鬼
岐阜県立郡上高等学校
13_審査員奨励賞_岐阜県立郡上高等学校_帰ってきた鬼
宿根木に想いを寄せて
大阪信愛学院高等学校
14_審査員奨励賞_大阪信愛学院高等学校_宿根木に想いを寄せて

ライブ配信日時:2021年3月30日 14時00分~15時00分

ライブ配信は終了しました。

第21回全国高等学校版画選手権大会

作品制作経過報告会 2021年3月15日 14時00分~15時00分

相川観光交流センターからリモートで行いました。

本戦出場14校のうち12校が参加して作品の制作状況を報告した
相川観光交流センター
佐渡産米おにぎり食べながら交流

ライブ配信日時:2021年3月15日 14時00分~15時00分

ライブ配信は終了しました。

第21回全国高等学校版画選手権大会

開会式 2021 年2月22日 10:30~

今年は相川観光交流センターからリモートで開会式を行ないました。

司会の高野さん
11校が参加
市長と教育長から
コメントをいただきました。
広島市立沼田高等学校のメンバー
審査員長からテーマの発表
特別協賛

第21回全国高等学校版画選手権大会